法人のお客様へ

さらに進化した安心を
万が一の事故・盗難にも対応

LINKDrive Airの特⻑

LINKDrive Airは(リンクドライブエア)は、LTEや加速度センサー、ジャイロセンサーを搭載したOBDⅡコネクタです。クルマの衝撃データや位置情報をLTEによる高速通信でリアルタイムに送信することができるので、もしもの時は本人や目撃者に代わって、クラウドから自動的に事故受付センターへ事故が発生した地点などを通知します。

衝撃検知・自動通知

事故発生時の衝撃データや走行データを、クラウドにリアルタイムで送信します。

クラウドで瞬時に解析

LINKDrive Airコネクタから送信されてきたデータをクラウドで解析します。

受付センター

クラウドで解析されたデータやクルマの位置情報が事故受付センターに通知されます。

医療機関と連携

消防署や病院などと迅速な連携が行われます。

※ これらは、LINKDrive Airの一部機能です。詳細につきましてはお問い合わせください。

01 クルマの衝撃を検知して、迅速に⾃動通知

LINKDrive Air(リンクドライブエア)のコネクタには、加速度センサーやジャイロセンサーが搭載されているため、クルマの衝撃を検知して、⾃動で通知することができます。

02 クルマのデータを瞬時に送信できるから、もしもの時も安心

LTEによる高速かつセキュアな通信で、クルマのデータを瞬時に送信することができるので、万が一の事故発生位置や、お年寄りなどの走行見守りなど、さまざまな用途に活用できます。

03 クラウドからの車両解析で、クルマの車両状態を細部まで診断

クラウド上に保管されているメーカー固有のデータをもとにCAN通信によって車両データを確認できるため、クルマの健康状態をより詳しく診断できます。

LINKDrive Airで
できること

LTE通信 電波の受信範囲が広く、データ通信が高速なLTEによる単独通信が行えます。
衝撃検知 加速度センサーや地磁気センサー、ジャイロセンサーを搭載しているため、クルマの衝撃を自動で検知します。
GPS GPSでクルマの位置情報をリアルタイムで送信できます。
高度なデータ解析 クラウド上に保管されているメーカー固有のデータを元にCAN通信によって車両データの確認ができます。
セキュアな通信 通信を許可する証明書がインストールされたデバイスからのみアクセスを許可します。

※これらの機能はLINKDrive Airの⼀部です。詳細をお求めの⽅は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

LINKDriveAirコネクタ

LINKDrive Airコネクタは、クルマのOBDⅡ差込口に装着することで、ECUに蓄積されている車両データを収集します。
コネクタにはSIMを搭載しているため、クルマのデータをリアルタイムで取得できます。

コネクタ比較

 
LINKDrive
GC01BJ

LINKDrive Air
GC03SJ
通信 Bluetooth LTE
衝撃検知 ×
GPS ×
データ解析 J-OBDⅡ規定のCAN通信 J-OBDⅡ規定のCAN通信
+メーカー固有のCAN通信
Wi-Fi × 開発中

LINKDriveを見る

お問い合わせ