法人のお客様へ

クルマの状態を見える化
安心・便利なカーライフを

LINKDriveで
できること

LINKDriveは、コネクタを通じて、クルマのさまざまな情報をクラウド上に蓄積・自動で解析を行い、クルマのコンディションをスマホアプリで「見える化」するカーオーナー向けのサービスです。

  1. 01.マイカー画面
  2. 02.オイルの汚れを確認
  3. 03.バッテリーの劣化を確認
  4. 04.タイヤの消耗状態を確認
  5. 05.スキン変更
  6. 06.ドライブ画面
  7. 07.タイムライン
  8. 08.燃費グラフ
  9. 09.カーストレスチェック
  10. 10.遠隔診断
  11. 11.セルフスキャン

01マイカー画面

直近のドライブの診断結果や、オイルの汚れ、バッテリーの劣化、タイヤの磨耗等の状態も確認できます。その他にも、任意の項目を10個まで管理できます。

02オイルの汚れを確認

予めオイルを交換した日を設定しておくことで、次回のオイル交換日、や、オイルの状態を確認できます。

03バッテリーの劣化を確認

バッテリー電圧や、交換までの目安を確認できます。

04タイヤの消耗状態を確認

予めタイヤの溝の高さを設定しておくことで、タイヤ1本の磨耗状態や、交換までの目安を確認できます。

05スキン変更

アプリのインターフェースは、好みや気分に合わせてポピーレッドとシアンブルーのいずれかを選択できます。

06ドライブ画面

クルマの走行距離、平均燃費、走行時間等の情報を月ごとにサマリーで確認することができます。

07タイムライン

1日に走行したドライブ履歴(走行距離・平均燃費等)をサマリーで確認することができます。

08燃費グラフ

クルマの燃費状況をグラフで確認できます。

09カーストレスチェック

クルマの急加速回数、急ブレーキ回数、夜間走行回数等をもとに、カーストレスの評価結果を確認できます。

10遠隔診断

整備会社への遠隔診断の予約や、遠隔診断を行った際のレポートを確認できます。

11セルフスキャン

セルフスキャンは、自分でクルマの故障診断ができます。かかりつけのショップを登録していれば、登録ショップにもスキャン結果が共有されます。

LINKDriveの使い方

STEP01

コネクタをセットする

スマホアプリをダウンロードした後、クルマに「車載コネクタ」をセットして、ご自身のスマホとペアリングします。

STEP02

ドライブする

いつもどおり運転します。走行中にスマホを操作する必要はありません。

STEP03

アプリでみる

ご自身のスマホでアプリを開いて、クルマのコンディション等をチェックします。

LINKDriveコネクタ

LINKDriveコネクタは、クルマのOBDⅡ差込口に装着することで、
ECUに蓄積されている車両データを収集します。
コネクタとスマートフォンはBluetoothで接続されます。

購入

LINKDriveコネクタ

商品重量 13.6 g
梱包サイズ 4.1 x 1.8 x 2.8 cm
製造元リファレンス CG01BJ
商品の寸法(奥行き×幅×高さ) 4.1 x 1.8 x 2.8 cm

Amazonで購入する

アプリケーション

※アプリ内のサービスは、すべて無料でご利用いただけます。

コネクタ比較

 
LINKDrive
GC01BJ

LINKDrive Air
GC03SJ
通信 Bluetooth LTE
衝撃検知 ×
GPS ×
データ解析 J-OBDⅡ規定のCAN通信 J-OBDⅡ規定のCAN通信
+メーカー固有のCAN通信
Wi-Fi × 開発中

LINKDrive Air を見る

お問い合わせ